ハウジング・トリビューンVol.522(2016年18号)

体裁 : A4版 タテ組 80〜100ページ
発売日 : 2016年09月23日
価格 : 1,200円(税別)

残価設定ローン 新型リバースモーゲージなど 新・住宅金融サービスの芽生え
建物評価の見直しで広がる可能性

既存住宅市場の拡大に向けて、建物の価値を適切に評価しようという機運が高まってきている。住宅・不動産業界だけでなく、キーマンである金融業界でも動きが出てきている。

一方、国土交通省では様々な業界の連携を促し、建物の評価手法を変革させようとしている。欧米のように建物価値が適切に評価されることで、住宅の資産価値は増大するだろう。

そして、その増大した資産価値を裏付けとして、様々な住宅金融サービスが生まれる可能性もある。芽生えはじめつつある新・住宅金融サービスの可能性を検証していく。