ハウジング・トリビューンVol.534(2017年7号)

体裁 : A4版 タテ組 80〜100ページ
発売日 : 2017年04月14日
価格 : 1,200円(税別)

民泊 新法成立へ 百花繚乱民泊ビジネス

2017年3月、民泊新法案が閣議決定した。

年間提供日数を180日泊以下とする制限が設けられているものの、いよいよ本格的に民泊が解禁となる見込みだ。

国家戦略特区法で認められた特区民泊や、簡易宿所としての民泊など、既存の合法民泊に加えて、新法で規定される民泊という新たなカテゴリーが生まれ、民泊市場の裾野は一気に広がることになる。

果たして、民泊は住宅産業界にとっての新事業になり得るのだろうか。

すでに民泊運営代行事業を中心として事業モデルを構築しつつある先行企業の取り組みを通じて、「成功する民泊ビジネス」の要件を探っていく。