ハウジング・トリビューンVol.538(2017年12号)

体裁 : A4版 タテ組 80〜100ページ
発売日 : 2017年06月09日
価格 : 1,200円(税別)

インバウンド需要を呼び込め! 住宅・不動産事業者だからできる”ひと味違う”宿泊施設

シェア型複合ホテル、IoTホステル、宿坊、アパートメントホテルなど訪日外国人旅行者によるインバウンド需要、シニアの旅行ニーズの高まりなどにより、宿泊施設不足が深刻化している。

このため、住宅・不動産事業者の宿泊施設事業への参入や事業の強化が活発化している。

これまでも、シティホテルなどの宿泊施設事業を手掛ける住宅・不動産事業者はいた。

だが、競争が激しくなるなかで、賃貸住宅やマンション開発、シェアハウスなどのノウハウを生かして、住宅・不動産事業者ならではの”ひと味違う”宿泊施設事業を展開していこうとする動きが出てきている。