ハウジング・トリビューンVol.570(2019年1号)

体裁 : A4版 タテ組 80〜100ページ
発売日 : 2018年12月28日

住宅産業にとって“平成”とは何だったのか
住まい価値追及の時代

「平成」の時代が終わろうとしている。
20世紀から21世紀にまたがった30年は、住宅産業をめぐる環境が大きく変わり、新たな枠組みが形づくられていった。
性能表示、省エネ基準などの新たな法律が生まれ、住宅施策の視座は量から質へと変わり、環境問題への対応が必要不可欠になった。
阪神・淡路大震災を皮切りに大規模な自然災害が相次ぎ、シックハウス、ヒートショックなど、住まいに多様な安全性が求められるようになった。
住宅産業界にとって「平成」は、一言で言えば〝住まい価値 追求の時代〟だったと言っていいだろう。
そのなかでさまざまなエポックがあり、新しいマーケットが動いた。