公共住宅シリーズ

公共住宅整備事業を執行するに際して、建設工事の標準化、合理化、統一化等を図るために、「公共住宅建設工事共通仕様書」及び「公共住宅建設工事積算基準」を昭和57年、58年に公共住宅事業者等連絡協議会の編集でとりまとめました。その後、7回にわたる改定を行い、各事業主体で積極的に活用されております。 全国の公営住宅をはじめ都市再生機構住宅、公共住宅、官公庁等の宿舎の設計、施工には不可欠の設計者、建設業者、専門工事業者、資機材業者に携わる方に必携の書。